SONY α7 III vs α9スペック比較した正直な感想

SONY

α9の中古価格かかなり安くなってきた

2017年に発売したSONY α9。
発売当初はSONYのフラッグシップカメラだった同機も、後継機のα9IIやハイエンドモデルのα1の登場により現在は生産中止の模様。
それに伴ってか、中古価格も下がり、α7IIIの中古価格に迫りそうな勢いです。

そこで今回は、

  • α7IIIの購入を検討している。
  • 予算の範囲内で中古のα9も購入できるがどちらを買うべきか迷っている。
  • α7IIIとα9の細かいスペックを比較してみたい。

この悩みにお答えします。

2010年頃から仕事で主にCanon 5D系を使用し、
プライベートでは2019年からSONY α7RIIを使用しているカメラマンの私が、
この記事を書いています。

今回はα7IIIとα9のスペックの比較をして、その違いを私独自の視点から、
それぞれの特徴を語ります。

どちらを買おうか悩んでる人は、この記事を読んで参考になると幸いです。

スペック比較

ソニー公式サイトより引用

各メーカーの商品ページのリンク

α7 III
https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7M3/spec.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 【中古】 《良品》 SONY α7III ボディ ILCE-7M3 …
価格:181800円(税込、送料無料) (2021/8/24時点)


α9
https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-9/spec.html


各種スペック比較した感想

サイズはほぼ一緒


α9の方が20グラム程度重く、奥行きも2ミリ長いですね。
サイズの違いは誤算の範囲内と言って良いでしょう。

ファインダー、モニターの違い

α9の方が数値が上です。
スポーツなど、撮影中のカメラの精度がシビアに求められるような撮影にはα9の方が軍配があがります。
α7IIIのファインダーはあまり評判が良くないので、価格の差はこういう細かいところに出てくるんだろうな、という印象です。

電子シャッターを活用できるα9

α9はシャッター方式が選択可能です。

電子シャッターにより、スポーツなど動きの速い被写体を的確に捉える事が可能です。

電子シャッターを活用した撮影の例

シャッター音を消して撮影を行うことができます。
画面をブラックアウトすることなく、フォーカスと露出が追従した連続撮影を行うことができます。

SONY公式サイトより

瞳AF

α9の方が更に細かく設定できます。
現在、瞳AFを使ってない方なら、α7IIIで十分かと。

ピクチャープロファイル

動画撮影、編集をやっていると、
ピクチャープロファイルは気になってくると思うので、
写真と動画どちらもやりたい方にはα7IIIがおすすめです。

ピクチャープロファイルについては以前の記事で詳しく記述しております。

α7IIIはこんな人におすすめ

写真撮影と動画撮影、両方やってみたい方。

予算が余ったら、レンズなど別の機材に使いたい方。

α9はこんな人におすすめ

子供の部活動の写真を撮りたい方。

モータースポーツなど高速で動く被写体を撮りたい方。

動画撮影に興味なし。またはビデオカメラで撮れば充分、という方。

どちらもコスパは良い。

α7III

2005年当時、初代5Dが登場した時の平均販売価格が約34万円だった事を思うと、
プロカメラマンで使用している方も多いこのカメラを
約20万円で購入できるのは神コスパです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 【中古】 《良品》 SONY α7III ボディ ILCE-7M3 …
価格:181800円(税込、送料無料) (2021/8/24時点)


α9

写真撮影に全フリしてるカメラです。
生産終了品ではりますが、中古22万円でこのスペックなら「買い」ではないでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました