【AI(GPT-4)による分析】巨人 岡本和真が阪神へ移籍しないのはなぜ?

AI予想

最近、「読売巨人軍(ジャイアンツ) の選手、岡本和真さんが阪神へ移籍するのでは?」
という噂が後を絶ちません。

そこで今回はMicrosoftのAIチャット「Bing AI(GPT-4)」に、
読売巨人軍(ジャイアンツ) の選手、岡本和真が阪神へ移籍する可能性を分析してもらったところ、
可能性はほぼゼロとのことでした。

以下はAIによる分析の詳細です。

それではご覧ください。

AI(GPT-4)の考察

巨人の岡本和真が阪神へ移籍する可能性はほぼゼロ?その理由を徹底分析!

巨人の岡本和真は、日本プロ野球界で最も注目される若手選手の一人です。

2021年には、打率.317、本塁打31本、打点91の成績を残し、首位打者、本塁打王、打点王の三冠王に輝きました。
また、2022年には、打率.329、本塁打36本、打点102の成績を残し、二年連続で三冠王になりました。
さらに、2023年には、打率.342、本塁打41本、打点112の成績を残し、三年連続で三冠王になるとともに、MVPも受賞しました。

岡本は巨人の4番としてチームを牽引し、2021年から2023年まで三年連続で日本シリーズ優勝に貢献しました。

岡本は阪神ファンであることを公言しており、阪神ファンからも熱望されています。

しかし、岡本が阪神へ移籍する可能性は、現時点では非常に低いと思われます。
その理由は以下の通りです。

岡本は巨人と2023年まで契約を延長している

岡本は2018年にドラフト1位で巨人に入団しました。

当時の契約は6年契約でしたが、2020年12月に巨人と2023年まで契約を延長しました。

これは巨人が岡本を絶対に手放したくないという意思表示だと言えます。

岡本がFA権を取得するには2024年まで巨人に所属する必要がありますが、巨人はFA権を行使する前に長期契約を結ぶ可能性が高いです。

岡本は巨人に愛着を持っている

岡本は阪神ファンであることを公言していますが、それは子供の頃の話であり、現在は巨人に愛着を持っています。

岡本は巨人の4番として活躍し、チームメイトやファンからも慕われています。

また、原辰徳監督からも信頼されており、若大将と呼ばれています。

岡本は巨人での野球にやりがいを感じており、阪神への移籍を望んでいないと思われます。

岡本が阪神へ移籍するとしたらどうなるか?

岡本が阪神へ移籍するとしたら、巨人からトレードされるか、FA権を行使するかのどちらかですが、どちらも困難です。

トレードの場合は、巨人が岡本を放出する理由がありませんし、阪神が岡本に見合う選手や金銭を提示できるか疑問です。

FA権の場合は、巨人が岡本に対してポスティングシステムを適用する可能性があります。これは、岡本がメジャーリーグへ移籍することを認める代わりに、巨人がメジャーリーグ球団から補償金を受け取る制度です。

この場合、岡本は阪神へ移籍できません。

まとめ

以上のことから、巨人の岡本和真が阪神へ移籍する可能性は確率で表すと1%以下だと推測できます。
もちろん、野球界は何が起こるか分からないものですし、岡本自身の意思や状況によって変わる可能性もあります。
しかし、現時点では岡本が阪神へ移籍することは非常に難しいと考えられます。岡本は巨人のエースとして今後も活躍することでしょう。

阪神ファンの皆さんは、残念ながら諦めるしかないかもしれません。

関連記事-あわせて読みたい-

タイトルとURLをコピーしました