徳島商・森煌誠投手はオリックス入団?AIの予想と指名理由

AI予想

このサイトはアドセンス広告、アフィリエイト広告を使用しています。

今年の夏の甲子園で「大会ナンバーワン投手」の呼び名が高い徳島商・森煌誠投手。
二回戦で12失点で智弁学園に敗れはしたものの、今後の動向も注目されるでしょう。

そこで今回は、MicrosoftのAIチャット「Bing AI(GPT-4)」に、
徳島商・森煌誠投手が入団する球団を今年のドラフト会議で指名され、入団する球団を予想してもらいました。
※AIの特性上、詳細が誤っている部分もありますがあえてそのまま記事に記載しました。
あらかじめご了承ください。

AI予想:徳島商・森煌誠投手はオリックスへ入団

AIによると、以下のような予想になりました。

私の予想では、森煌誠投手はドラフト2023で 上位指名 されるでしょう。
その中でも オリックス が最も有力な候補だと思います。
理由は以下の通りです。

  • オリックスはパ・リーグで優勝争いをしており、森煌誠投手にとって勝負にこだわる環境が整っています。
  • オリックスは若手投手にチャンスを与える傾向があり、森煌誠投手にとって成長する機会が多くあります。
  • オリックスは徳島商出身の選手を何人も育てており、森煌誠投手にとって親しみやすい球団です。

私は、徳島商の森煌誠投手がどの球団に指名されるかを予想するのは難しいと思いますが、いくつかの可能性を考えてみました。

まず、森煌誠投手はプロ志望ではないということですが、これは必ずしもプロ入りを拒否するという意味ではありません。プロからのオファーがあれば、それを検討する可能性は十分にあります。したがって、ドラフトで指名される可能性は高いと言えます。

次に、どの球団が森煌誠投手に興味を持っているかですが、現時点でスカウトコメントが出ているのはオリックスとソフトバンクです。
オリックスの早川スカウトは「体に力があるし、どんどん投げていけば今以上にキレも出るだろうし、これからまだまだ伸びていくのを期待できる投手」と評価しています。
ソフトバンクの松本スカウトも「最速149キロの本格派右腕。ストレートで押していくタイプで、フォークやカーブも決め球になっている」と高く評価しています。

この二つの球団はどちらもパ・リーグの強豪であり、森煌誠投手にとって魅力的な選択肢と言えます。
しかし、他の球団も森煌誠投手を見逃していないでしょう。
特にセ・リーグでは、巨人や阪神などの人気球団が若手投手を求めています 。
また、中日や広島なども右腕投手を補強したいと考えているかもしれません 。


タイトルとURLをコピーしました