ビルケンシュトックのレザーバッグを商品撮影っぽく撮ってみた

GODOX

今回はモノブロックストロボとクリップオンストロボ、各一台ずつ使用してビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)のレザーバッグの商品撮影のつもりで、撮影をしてみました。

撮影するもの

ビルケンシュトックのレザーバッグです。
秋から冬にかけて使用してます。
手入れのために押し入れから取り出して、久々に見たら色がキレイだったので、
商品撮影っぽく撮ってみることにしました。

撮影した画像

機材と設定

機材
カメラ SONY α7RII
レンズ  SONY fe 50mm f2.5G (SEL50F25G)
モノブロックストロボ Godox AD300Pro
ワイヤレストリガー Godox X2T

クリップオンストロボ Yongnuo YN560 IV
ワイヤレストリガー Yongnuo 560-TX

X2Tにアクセサリーシューが付いてるので、そこに560-TXをつければ2つのワイヤレストリガーを同時に使用できます。
これがやりたくてX2Tを購入しました。

設定

シャッター速度 1/160秒
絞り f8
感度 ISO500
ホワイトバランス(色温度) 5600K(AD300Proの色温度に合わせる)

AD300Pro フル発光に対して1/16+0.7
YN560 IV フル発光に対して1/16

セッティング

  • モノブロックストロボはアンブレラとアンブレラディフューザーをつけて使用。
  • スタンドと白い布で白背景を作る。

  • 背景になるべく均等に当てる為に、クリップオンストロボの角度を24mmにし、さらに本体付属のワイドディフューザーをつける。
  • 周辺の色をなるべく白くする為に、側面の冷蔵庫に白い布をかける。
  • バッグの形をよくするため、中に布を仕込む。

撮影

私が撮影兼モデルを行うため、
SONYからリリースしているα専用スマホアプリの
Imaging Edge」で,
wifi経由でスマホと カメラを接続してリモート撮影を行いました。
いちいちカメラへ行って確認しなくても、手持ちのスマホで画像をみれるのがとても便利。
1枚ごとにカバンへの光の当たり具合を見ながら位置を微調整して撮影しました。

撮影した画像の背景を修正

画面内の余分な箇所をLightroom classicでトリミングして現像。

背景の白い布のシワが気になるのでPhotoshopで修正しました。

最後に

革製品の光沢感と経年変化による絶妙な色合いを両立させることができました。

冷蔵庫にかぶせた白い布がバックのショルダーベルトに反射して、いい感じに立体感が出たのもよかったです。


背景はロールのケント紙にすればシワが出なくて良いかもしれませんね。

↓文字をいれて広告っぽくしてみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【セール中&正規品】Godox AD300Pro 300W屋外ストロポ+S2ブラ…
価格:55400円(税込、送料無料) (2021/8/12時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました