月9「真夏のシンデレラ」打ち切り?低視聴率の理由は?つまらない理由は?

雑記

このサイトはアドセンス広告、アフィリエイト広告を使用しています。

フジテレビの月9ドラマといえば、かつては多くの名作やヒット作を生み出してきた人気の枠でした。
しかし、近年は視聴率が低迷し続けており、かつての勢いは見る影もありません。

その中で、現在放送されている「真夏のシンデレラ」は、
月9史上最低の視聴率を記録しており、打ち切りになる可能性も囁かれています。

打ち切りはあるのか?

断定的な答えを出すことはできませんが、
現時点での視聴率の推移やネット上の評判を見ると、
かなり厳しい状況にあることは間違いないでしょう。

「真夏のシンデレラ」は、7月10日にスタートしましたが、初回視聴率は6.9%と、
月9史上最低のスタートになりました。

その後も視聴率は低迷し続け、第5話では5.2%という最低記録を更新しました。 
これまでの月9ドラマで、初回から5話まで全て6%台以下だったのは、今作が初めてです。

また、ネット上では、ストーリーやキャスティングに対する批判や不満の声が多く見られます。
特に、主演の森七菜さんや間宮祥太朗さんをはじめとする出演者たちに対する評価は低く、
演技力や魅力に欠けるという意見が目立ちます。

以上のことから、「真夏のシンデレラ」が打ち切りになる可能性はゼロではないと言えるでしょう。
ただし、フジテレビ側はまだ打ち切りを検討しているという報道はありませんし、最後まで放送することを決めている可能性もあります。

「真夏のシンデレラ」とは

「真夏のシンデレラ」は、森七菜さんと間宮祥太朗さんがダブル主演を務める、
真夏の海を舞台にした男女8人の恋愛群像劇です。
7月10日にスタートし、初回は30分拡大で放送されました。
フジテレビ系で放送中で、毎週月曜日の21時から21時54分までお楽しみいただけます。


最低を更新し続ける視聴率の推移


「真夏のシンデレラ」は、7月10日にスタートしましたが、
初回視聴率は6.9%と、月9史上最低のスタートになりました。

その後も視聴率は低迷し続け、第5話では5.2%という最低記録を更新しました。 これまでの月9ドラマで、初回から5話まで全て6%台以下だったのは、今作が初めてです。

「真夏のシンデレラ」の視聴率の推移は、以下のようになっています。

  • 第1話:世帯6.9%、個人4.0%
  • 第2話:世帯5.4%、個人3.2%
  • 第3話:世帯5.5%、個人3.3%
  • 第4話:世帯5.4%、個人3.2%
  • 第5話:世帯5.2%、個人3.0%

低視聴率の理由

低視聴率の理由はは、一概に言うことはできませんが、いくつかの要因が考えられます。

  • 主演の森七菜さんと間宮祥太朗さんが話題性や魅力に欠けるという声が多く、
    視聴者の興味を引くことができなかった可能性があります。

  • 脚本や演出がベタすぎて、視聴者の感情移入や共感を得ることができなかった可能性があります。特に、初回から水族館や花火、告白など王道の展開が多すぎて、
    予想通りの展開に飽きられた可能性があります。

  • 視聴者の嗜好や視聴環境が変化しており、
    テレビではなくネットでドラマを視聴する人が増えている可能性があります。
    TVerでの再生数は高く、若年層をターゲットにした戦略は成功しているとも言えます。

ネットの評判

ネット上では、以下のような批判や不満の声が多く見られます。

  • ドラマのストーリーや展開が古臭くてベタすぎるという声。
    特に、初回から水族館や花火、告白など王道のシーンが多すぎて、予想通りで飽きられているという声。

  • 主演の森七菜さんや間宮祥太朗さんをはじめとする出演者たちの演技力や魅力に欠けるという声。
    特に、森さんや間宮さんの棒読みや棒演技が目立っているという声。

  • ドラマのタイトルやキャッチコピーがダサいという声。
    特に、「夏は恋する季節だから」というキャッチコピーは、時代錯誤でセンスがないという声。

まとめ

「真夏のシンデレラ」は、月9ドラマとして期待されていた作品ですが、
視聴率や評価は芳しくありません。
視聴者からの批判や不満の声が多く、打ち切りの可能性も囁かれています。

残りの話数でどのように盛り返すことができるかが、見どころになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました